スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
防火・救命セミナー(後半
防火救命セミナー後半の報告です。

屋外訓練が終わりその後、屋内で救命セミナーを受けました。
3組に分かれ、3体のダミー人形を使って
救命、AEDの取り扱いについて説明を受けました。
IMG_0838.jpg
まずAEDを使用して助かった方の再現(体験談の)VTRを観て、
どのような効果があるのか理解してから始めました。
訓練は
1)意識の確認、
2)脈拍のはかり方、
3)気道の確保、
4)心臓マッサージ、
5)AEDという流れで進みました。
(すべてダミー人形を使った訓練です)
1)、2)、3)までは順調でしたが、
心臓マッサージは大変でした。思った以上に体力を使います。
訓練を受けずに現場(救急)に立ち会ってしまっても
対応は出来ないでしょう。胸を5センチ沈める力加減は
姿勢をしっかりとしていないと困難ですし、力のない方は厳しいと思います。

次にAED。
IMG_0839.jpg
操作は音声でガイドしてくれるので取り扱いは簡単でしたが、
現実は訓練と異なる状況での対応になると思うので、
やはり知識は必要だと痛感。
操作方法以外にもセミナーでは
公衆の面前で女性に対してどうAEDをセットすれば良いのか、
子供には何才から使用できるのか、
などの対応についても教えていただけました。
また、訓練では人工呼吸は感染症患者への
接触リスク回避や、必ずしも必要ではないとのことで行いませんでした。

今回のセミナーを通じて救命、消火、防火活動を体験し、
いざという時にすすんで行動できるようになったと思います。

このブログをみていただいている方にも
救命講習の機会があれば参加することをおすすめします。

余談ですが、胸が毛深い方にはAEDの効果が期待できないようです。
対処にあたる方は胸毛を予備の通電パットでむしり取ってから対処して下さい。
とのこと。。。

企画室:佐々木兼一
スポンサーサイト
[2010/12/27 09:35] | 環境活動log | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。